R1250GS Advのハンドルバー交換

スポンサーリンク

ここ1~2年50肩に悩まされておりまして。
左肩が上がらないし、最近は後ろにも回らなくなってきた。
整体とかいろいろ通っているけど、よくなったり悪くなったり、また日によっても症状が変わってくるので、気長に付き合っていくしかないなぁと最近はあきらめつつあるところ。
好きなゴルフもフォローがとれず不格好になるけどできないことはないし、その他日常生活も左の背中がかけないぐらいで余り困らないのですが、辛くなってきたのがGSに乗る時。

ただでさえ、なで肩の自分からすればハンドルが結構幅広なので、もともと跨ると思った以上に両脇が上がってしまって結構きついなぁとは思ってたんです。
特に普段125CCスクーターのPCXに乗っており、125CCのハンドルはいい感じで狭い上に絞り気味なんで、それに慣れちゃうとGSのハンドルが余計に幅広く見えて肩や肘に負担を感じるんですね。その上五十肩になっちゃったんで、そのままハンドルを左に切ると肩が後ろにまわって決行辛い。
最初のうちはそれでもそれなりに走れるんですが、距離が延びてきて段差を拾うたびに肩が上下してくるとじわじわと痛みが出てくるようになる。ハンドルバーライザーをかませてノーマルよりは手前にハンドルを引いてるんですが、狭くなった自分の肩の可動域には追い付かず。

何かいい解決策はないかなぁと思ってたんですが、最近違うバイクに乗る知人から「日本人に合うのは国産のハンドルだよ。」と紹介してもらったのが「VORGUE」のハンドル。
調べてみるとR1250GS専用でハンドルが出てました。
ディーラーさんに行って相談してみると、店で取り寄せ可能とのこと。
とんとん拍子に話が進んで、先日交換してきました。

新しいハンドル。
ロゴがかっこいい。

純正と比べるとこんな感じ。
ハンドルだけで18㎜高くなってるので、ライザーつけたままだとブレーキホースなどの配線が届かなくなるので外しました。

ディーラーさんからの帰りに50㎞程度走りましたが、なで肩の私にはいい感じ。ハンドル握っても肩や肘どこにも負担がかからず、自然な乗車位置をとれました。
ハイシーズンに向け、これで航続距離が延びても大丈夫そうです。

総走行距離:13,088㎞

コメント