オリンパス STYLUS TG-860 Toughの修理

スポンサーリンク


2015年発売とほぼ同時期で購入したTG-860。

2年ぐらい使って、電源が入らなくなって放置してました。
その時点で保証切れだし、直そうかどうしようか悩んでましたが、TG-870が販売されたあと、このシリーズは生産中止になってて、どうもその原因が壊れやすくて全然タフシリーズじゃないみたいなことがネットに書いてあってたんで直さずに放置。
カメラのキタムラなんかで新しいカメラの下取り用にとっておけばいいやと考えて押し入れにしまい込んでました。


その後はミラーレスのeos m3も持ってますが、コンデジでもう1台Canon G7Xを持ってたのでもっぱらツーリングや普段使いではこっちを使ってました。

f1.8の明るいレンズに1インチセンサーの組み合わせで、いろいろ考えなくてもシャッターを押すだけで非常にきれいな写真が簡単に取れるんです。
eos m3と比べても遜色ないぐらいきれいです。

ただコンデジにしては重くて、304gもあるんですね。
ツーリング先でポケットに入れてもずっしりと存在感があるし、それを裸で出し入れしながらパシャパシャ雑に撮ってたら、レンズが格納しなくなってしまって、こっちはお気に入りのカメラなんで速攻で修理に出して直してもらいました。

やっぱりツーリングでも雑に扱えて気軽に撮れるカメラがもう1台欲しいなということでいろいろググってはいたんですが、オリンパスのタフシリーズがいいなぁと思いだして、TG-5を買おうかなと思ってたんですが、もうすぐTG-6が出るみたいだし、今買うのもなんだかなぁと思ってみたり。

じゃあやっぱりTG-860を直してみるかなぁと思ってみたり。


画質は別としても、なんだかんだ使い勝手がいいんですよね。
シャッターボタンは上と前面に二つあって自撮りもしやすいし、広角21mmのレンズは、走りながら片手で撮るとき(片手で撮っていいのかという話もありますが…)にだいたいの感覚でカメラを向けてもフレームに入りやすい。
なんといっても224gで軽いし、防水防塵で急な雨でも気を使う必要がない。

とりあえず、修理にいくらかかるのか知りたいと思って、オリンパスの修理センターに送ってみました。

修理について (カメラ・オーディオ製品) | OMデジタルソリューションズ

そしたら電源が入らないのではなくて、液晶モニターが映らなくなるTG-860ではド定番の不具合。直してもまたすぐ同じ症状になるという書き込みがネットでちらほら書いてあります。

修理代は14,688円。
金額を見て、またいろいろ悩みましたが結局直して使ってみることに。

まだ、到着してませんが再発しないことを期待します。

コメント